万葉集 第8巻 1596番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1596番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1596番歌

第8巻
歌番号 1596番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持到娘子門作歌一首
原文 妹家之 門田乎見跡 打出来之 情毛知久 照月夜鴨
訓読 妹が家の門田を見むとうち出で来し心もしるく照る月夜かも
かな いもがいへの かどたをみむと うちいでこし こころもしるく てるつくよかも
英語(ローマ字) IMOGAIHENO KADOTAWOMIMUTO UCHIIDEKOSHI KOKOROMOSHIRUKU TERUTSUKUYOKAMO
彼女の家の門前に広がる田をみようと家を出てきたところ、その甲斐があってこうこうと照り渡る月夜だった。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:大伴家持、恋愛、恋情
タイトルとURLをコピーしました