万葉集 第8巻 1482番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1482番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1482番歌

第8巻
歌番号1482番歌
作者大伴清縄
題詞大伴清縄歌一首
原文皆人之 待師宇能花 雖落 奈久霍公鳥 吾将忘哉
訓読皆人の待ちし卯の花散りぬとも鳴く霍公鳥我れ忘れめや
かなみなひとの まちしうのはな ちりぬとも なくほととぎす われわすれめや
英語(ローマ字)MINAHITONO MACHISHIUNOHANA CHIRINUTOMO NAKUHOTOTOGISU WAREWASUREMEYA
君んちの家の庭の橘、花が美しいのでホトトギスがやってきて鳴くといいます。その花を見に私もやってきました。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:大伴清縄、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました