万葉集 第8巻 1561番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1561番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1561番歌

第8巻
歌番号1561番歌
作者坂上郎女
題詞(大伴坂上郎女跡見田庄作歌二首)
原文吉名張乃 猪養山尓 伏鹿之 嬬呼音乎 聞之登聞思佐
訓読吉隠の猪養の山に伏す鹿の妻呼ぶ声を聞くが羨しさ
かなよなばりの ゐかひのやまに ふすしかの つまよぶこゑを きくがともしさ
英語(ローマ字)YONABARINO ゐKAHINOYAMANI FUSUSHIKANO TSUMAYOBUKOゑWO KIKUGATOMOSHISA
吉隠(よなばり)の猪養(ゐかひ)の山に住んでいる鹿が妻を呼んで鳴く声を聞くとうらやましい。
左注
校異聞 [類][紀](塙) 門
用語秋雑歌、作者:坂上郎女、奈良県、桜井市、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました