万葉集 第8巻 1601番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1601番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1601番歌

第8巻
歌番号1601番歌
作者石川広成
題詞(内舎人石川朝臣廣成歌二首)
原文目頬布 君之家有 波奈須為寸 穂出秋乃 過良久惜母
訓読めづらしき君が家なる花すすき穂に出づる秋の過ぐらく惜しも
かなめづらしき きみがいへなる はなすすき ほにいづるあきの すぐらくをしも
英語(ローマ字)MEDURASHIKI KIMIGAIHENARU HANASUSUKI HONIIDURUAKINO SUGURAKUWOSHIMO
お慕い申し上げているあなた様の家の花ススキ、尾花が出そろう秋が過ぎ去ってゆくのが惜しゅうございます。
左注
校異
用語秋雑歌、作者:石川広成、宴席、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました