万葉集 第8巻 1479番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1479番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1479番歌

第8巻
歌番号1479番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持晩蝉歌一首
原文隠耳 居者欝悒 奈具左武登 出立聞者 来鳴日晩
訓読隠りのみ居ればいぶせみ慰むと出で立ち聞けば来鳴くひぐらし
かなこもりのみ をればいぶせみ なぐさむと いでたちきけば きなくひぐらし
英語(ローマ字)KOMORINOMI WOREBAIBUSEMI NAGUSAMUTO IDETACHIKIKEBA KINAKUHIGURASHI
我が家の庭一面に月が照り渡っている。ホトトギスよ。心あるならば今宵こそやってきて精一杯鳴き響いておくれ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:大伴家持、鬱屈、動物
タイトルとURLをコピーしました