万葉集 第8巻 1659番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1659番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1659番歌

第8巻
歌番号1659番歌
作者他田廣津娘子
題詞他田廣津娘子歌一首
原文真木乃於尓 零置有雪乃 敷布毛 所念可聞 佐夜問吾背
訓読真木の上に降り置ける雪のしくしくも思ほゆるかもさ夜問へ我が背
かなまきのうへに ふりおけるゆきの しくしくも おもほゆるかも さよとへわがせ
英語(ローマ字)MAKINOUHENI FURIOKERUYUKINO SHIKUSHIKUMO OMOHOYURUKAMO SAYOTOHEWAGASE
木々の上に降り積もる雪のように重ね重ねあなたのことが思われてなりません。今夜いらして下さい。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語冬相聞、作者:他田廣津娘子、勧誘、植物
タイトルとURLをコピーしました