万葉集 第8巻 1660番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1660番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1660番歌

第8巻
歌番号1660番歌
作者大伴駿河麻呂
題詞大伴宿祢駿河麻呂歌一首
原文梅花 令落冬風 音耳 聞之吾妹乎 見良久志吉裳
訓読梅の花散らすあらしの音のみに聞きし我妹を見らくしよしも
かなうめのはな ちらすあらしの おとのみに ききしわぎもを みらくしよしも
英語(ローマ字)UMENOHANA CHIRASUARASHINO OTONOMINI KIKISHIWAGIMOWO MIRAKUSHIYOSHIMO
梅の花を散らしてしまうような冬の強風のように貴女のことは強く噂に聞いていましたが、実際にお逢いできるのはうれしい。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語冬相聞、作者:大伴駿河麻呂、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました