万葉集 第8巻 1475番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1475番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1475番歌

第8巻
歌番号1475番歌
作者坂上郎女
題詞大伴坂上郎女霍公鳥歌一首
原文何奇毛 幾許戀流 霍公鳥 鳴音聞者 戀許曽益礼
訓読何しかもここだく恋ふる霍公鳥鳴く声聞けば恋こそまされ
かななにしかも ここだくこふる ほととぎす なくこゑきけば こひこそまされ
英語(ローマ字)NANISHIKAMO KOKODAKUKOFURU HOTOTOGISU NAKUKOゑKIKEBA KOHIKOSOMASARE
宵どきにひとり家居して物思いにふけっていると、夕闇に、鳴きながらホトトギスが通り過ぎて行く。まるで私の心を知っているかのように。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 奇 [類][温] 哥
用語夏雑歌、作者:坂上郎女、恋情、動物
タイトルとURLをコピーしました