万葉集 第8巻 1476番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1476番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1476番歌

第8巻
歌番号1476番歌
作者小治田広耳
題詞小治田朝臣廣耳歌一首
原文獨居而 物念夕尓 霍公鳥 従此間鳴渡 心四有良思
訓読ひとり居て物思ふ宵に霍公鳥こゆ鳴き渡る心しあるらし
かなひとりゐて ものもふよひに ほととぎす こゆなきわたる こころしあるらし
英語(ローマ字)HITORIゐTE MONOMOFUYOHINI HOTOTOGISU KOYUNAKIWATARU KOKOROSHIARURASHI
卯の花もまだ咲いていないけれど、ホトトギスがここ佐保の山辺にやってきてしきりに鳴き立てている。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:小治田広耳、恋情、動物
タイトルとURLをコピーしました