万葉集 第8巻 1477番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1477番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1477番歌

第8巻
歌番号1477番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持霍公鳥歌一首
原文宇能花毛 未開者 霍公鳥 佐保乃山邊 来鳴令響
訓読卯の花もいまだ咲かねば霍公鳥佐保の山辺に来鳴き響もす
かなうのはなも いまださかねば ほととぎす さほのやまへに きなきとよもす
英語(ローマ字)UNOHANAMO IMADASAKANEBA HOTOTOGISU SAHONOYAMAHENI KINAKITOYOMOSU
家の庭の花橘はいつになったら貫(ぬ)く玉(実)をつけることだろう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:大伴家持、佐保、奈良、動物、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました