万葉集 第8巻 1478番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1478番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1478番歌

第8巻
歌番号1478番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持橘歌一首
原文吾屋前之 花橘乃 何時毛 珠貫倍久 其實成奈武
訓読我が宿の花橘のいつしかも玉に貫くべくその実なりなむ
かなわがやどの はなたちばなの いつしかも たまにぬくべく そのみなりなむ
英語(ローマ字)WAGAYADONO HANATACHIBANANO ITSUSHIKAMO TAMANINUKUBEKU SONOMINARINAMU
家にこもりっきりになっていると気がふさぐので、心を休めようと外に出てみたら、ひぐらしがやってきて鳴き出した。
左注
校異歌 [西] 謌
用語夏雑歌、作者:大伴家持、植物
タイトルとURLをコピーしました