万葉集 第8巻 1550番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1550番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1550番歌

第8巻
歌番号1550番歌
作者湯原王
題詞湯原王鳴鹿歌一首
原文秋芽之 落乃乱尓 呼立而 鳴奈流鹿之 音遥者
訓読秋萩の散りの乱ひに呼びたてて鳴くなる鹿の声の遥けさ
かなあきはぎの ちりのまがひに よびたてて なくなるしかの こゑのはるけさ
英語(ローマ字)AKIHAGINO CHIRINOMAGAHINI YOBITATETE NAKUNARUSHIKANO KOゑNOHARUKESA
萩の花が散り乱れている。それを惜しんで萩に呼びかけているように遠くから鹿が鳴き立てている。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋雑歌、作者:湯原王、植物、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました