万葉集 第8巻 1642番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1642番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1642番歌

第8巻
歌番号 1642番歌
作者 安倍奥道
題詞 安倍朝臣奥道雪歌一首
原文 棚霧合 雪毛零奴可 梅花 不開之代尓 曽倍而谷将見
訓読 たな霧らひ雪も降らぬか梅の花咲かぬが代にそへてだに見む
かな たなぎらひ ゆきもふらぬか うめのはな さかぬがしろに そへてだにみむ
英語(ローマ字) TANAGIRAHI YUKIMOFURANUKA UMENOHANA SAKANUGASHIRONI SOHETEDANIMIMU
全天かき曇って雪でも降ってこないだろうか。梅の花は咲いていないが、その代わりに、降る雪を白梅と思って眺めよう。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬雑歌、作者:安倍奥道、植物
タイトルとURLをコピーしました