万葉集 第8巻 1643番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1643番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1643番歌

第8巻
歌番号1643番歌
作者若桜部君足
題詞若櫻部朝臣君足雪歌一首
原文天霧之 雪毛零奴可 灼然 此五柴尓 零巻乎将見
訓読天霧らし雪も降らぬかいちしろくこのいつ柴に降らまくを見む
かなあまぎらし ゆきもふらぬか いちしろく このいつしばに ふらまくをみむ
英語(ローマ字)AMAGIRASHI YUKIMOFURANUKA ICHISHIROKU KONOITSUSHIBANI FURAMAKUWOMIMU
全天かき曇って雪でも降ってこないだろうか。この柴の林に一面真っ白に降り積もるのを見てみたいものだ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語冬雑歌、作者:若桜部君足、植物
タイトルとURLをコピーしました