万葉集 第8巻 1500番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1500番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1500番歌

第8巻
歌番号1500番歌
作者坂上郎女
題詞大伴坂上郎女歌一首
原文夏野<之> 繁見丹開有 姫由理乃 不所知戀者 苦物曽
訓読夏の野の茂みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ
かななつののの しげみにさける ひめゆりの しらえぬこひは くるしきものぞ
英語(ローマ字)NATSUNONONO SHIGEMINISAKERU HIMEYURINO SHIRAENUKOHIHA KURUSHIKIMONOZO
山の頂上にはホトトギスが来て鳴くという卯の花が咲いている。その卯の花ではないが、私のことをうっとうしいと思っておいでなのかあの方はいらっしゃらない。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 乃 之 [類][紀][矢][京]
用語夏相聞、作者:坂上郎女、片思い、忍恋い、恋情、植物
スポンサーリンク

解説

題詞は「大伴坂上郎女の歌1首」という意味。坂上郎女大伴家持の叔母であり、姑の存在。

「知らえぬ」は「人に知られない」という意味。

タイトルとURLをコピーしました