万葉集 第8巻 1501番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1501番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1501番歌

第8巻
歌番号 1501番歌
作者 小治田広耳
題詞 小治田朝臣廣耳歌一首
原文 霍公鳥 鳴峯乃上能 宇乃花之 Q事有哉 君之不来益
訓読 霍公鳥鳴く峰の上の卯の花の憂きことあれや君が来まさぬ
かな ほととぎす なくをのうへの うのはなの うきことあれや きみがきまさぬ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU NAKUWONOUHENO UNOHANANO UKIKOTOAREYA KIMIGAKIMASANU
五月になって花橘は散っている。玉(実)こそ大事。あの方のために実を緒に通して薬玉にしよう。花が散った橘をそのままにしておくのが惜しいので。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 夏相聞、作者:小治田広耳、女の立場、宴席、恨み、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました