万葉集 第8巻 1502番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1502番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1502番歌

第8巻
歌番号 1502番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌一首
原文 五月之 花橘乎 為君 珠尓社貫 零巻惜美
訓読 五月の花橘を君がため玉にこそ貫け散らまく惜しみ
かな さつきの はなたちばなを きみがため たまにこそぬけ ちらまくをしみ
英語(ローマ字) SATSUKINO HANATACHIBANAWO KIMIGATAME TAMANIKOSONUKE CHIRAMAKUWOSHIMI
彼女の家の垣根の中の百合の花、その百合ではないが、ゆり(後でね)というのは、駄目なのと言っているようなもの。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 夏相聞、作者:坂上郎女、植物
タイトルとURLをコピーしました