万葉集 第8巻 1553番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1553番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1553番歌

第8巻
歌番号 1553番歌
作者 大伴稲公
題詞 衛門大尉大伴宿祢稲公歌一首
原文 <鍾>礼能雨 無間零者 三笠山 木末歴 色附尓家里
訓読 時雨の雨間なくし降れば御笠山木末あまねく色づきにけり
かな しぐれのあめ まなくしふれば みかさやま こぬれあまねく いろづきにけり
英語(ローマ字) SHIGURENOAME MANAKUSHIFUREBA MIKASAYAMA KONUREAMANEKU IRODUKINIKERI
しぐれ雨が絶え間なく降り続き、三笠山の木々の梢一面すっかり色づいてきた。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 鐘 鍾 [類]
用語 秋雑歌、作者:大伴稲公、奈良、地名、季節
タイトルとURLをコピーしました