万葉集 第8巻 1522番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1522番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1522番歌

第8巻
歌番号1522番歌
作者山上憶良
題詞(山上<臣>憶良七夕歌十二首)
原文多夫手二毛 投越都倍<吉> 天漢 敝太而礼婆可母 安麻多須辨奈吉
訓読たぶてにも投げ越しつべき天の川隔てればかもあまたすべなき
かなたぶてにも なげこしつべき あまのがは へだてればかも あまたすべなき
英語(ローマ字)TABUTENIMO NAGEKOSHITSUBEKI AMANOGAHA HEDATEREBAKAMO AMATASUBENAKI
つぶてでも投げれば向こう岸に届きそうな天の川なのにどうしても渡る術がない。
左注右天平元年七月七日夜憶良仰觀天河 [一云 帥家作]
校異伎 吉 [類][紀]
用語秋雑歌、作者:山上憶良、七夕
タイトルとURLをコピーしました