万葉集 第8巻 1609番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1609番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1609番歌

第8巻
歌番号 1609番歌
作者 丹比真人
題詞 丹比真人歌一首 [名闕]
原文 宇陀乃野之 秋芽子師弩藝 鳴鹿毛 妻尓戀樂苦 我者不益
訓読 宇陀の野の秋萩しのぎ鳴く鹿も妻に恋ふらく我れにはまさじ
かな うだののの あきはぎしのぎ なくしかも つまにこふらく われにはまさじ
英語(ローマ字) UDANONONO AKIHAGISHINOGI NAKUSHIKAMO TSUMANIKOFURAKU WARENIHAMASAJI
宇陀の野の秋萩を押し分けて鳴く鹿は妻恋しさに鳴くのだろうが、この私ほどではなかろう。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋相聞、作者:丹比真人、奈良県、地名、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました