万葉集 第8巻 1557番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1557番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1557番歌

第8巻
歌番号1557番歌
作者丹比国人
題詞故郷豊浦寺之尼私房宴歌三首
原文明日香河 逝廻<丘>之 秋芽<子>者 今日零雨尓 落香過奈牟
訓読明日香川行き廻る岡の秋萩は今日降る雨に散りか過ぎなむ
かなあすかがは ゆきみるをかの あきはぎは けふふるあめに ちりかすぎなむ
英語(ローマ字)ASUKAGAHA YUKIMIRUWOKANO AKIHAGIHA KEFUFURUAMENI CHIRIKASUGINAMU
明日香川がめぐり流れる岡の秋萩は今日降っている雨で散ってしまうのでしょうか。
左注右一首丹比真人國人
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 謌 / 岳 丘 [類][紀] / <> 子 [類][紀][温]
用語秋雑歌、作者:丹比国人、飛鳥、宴席、豊浦寺、尼、地名、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました