万葉集 第8巻 1545番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1545番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1545番歌

第8巻
歌番号 1545番歌
作者 湯原王
題詞 (湯原王七夕歌二首)
原文 織女之 袖續三更之 五更者 河瀬之鶴者 不鳴友吉
訓読 織女の袖継ぐ宵の暁は川瀬の鶴は鳴かずともよし
かな たなばたの そでつぐよひの あかときは かはせのたづは なかずともよし
英語(ローマ字) TANABATANO SODETSUGUYOHINO AKATOKIHA KAHASENOTADUHA NAKAZUTOMOYOSHI
織女が一年一度の逢う瀬に彦星と一夜を共にした宵の暁は、川瀬の鶴よ、暁を告げて鳴かなくともよい。
左注
校異
用語 秋雑歌、作者:湯原王、七夕
タイトルとURLをコピーしました