万葉集 第8巻 1544番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1544番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1544番歌

第8巻
歌番号 1544番歌
作者 湯原王
題詞 湯原王七夕歌二首
原文 牽牛之 念座良武 従情 見吾辛苦 夜之更降去者
訓読 彦星の思ひますらむ心より見る我れ苦し夜の更けゆけば
かな ひこほしの おもひますらむ こころより みるわれくるし よのふけゆけば
英語(ローマ字) HIKOHOSHINO OMOHIMASURAMU KOKOROYORI MIRUWAREKURUSHI YONOFUKEYUKEBA
彦星が抱いておられるだろう苦しい心情もさりながら、夜が更けてゆくにつれ、見ている私も苦しく切なくなる。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:湯原王、七夕
タイトルとURLをコピーしました