万葉集 第8巻 1442番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1442番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1442番歌

第8巻
歌番号 1442番歌
作者 丹比屋主
題詞 大蔵少輔丹比屋主真人歌一首
原文 難波邊尓 人之行礼波 後居而 春菜採兒乎 見之悲也
訓読 難波辺に人の行ければ後れ居て春菜摘む子を見るが悲しさ
かな なにはへに ひとのゆければ おくれゐて はるなつむこを みるがかなしさ
英語(ローマ字) NANIHAHENI HITONOYUKEREBA OKUREゐTE HARUNATSUMUKOWO MIRUGAKANASHISA
難波方面に家の者たちが出かけていて留守。息子を連れて春の野に出かけたのだが、母もいないで春菜を摘んでいるわが子を見ると侘びしい。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春雑歌、作者:丹比屋主、菜摘み、大阪、恋情、地名
タイトルとURLをコピーしました