万葉集 第8巻 1605番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1605番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1605番歌

第8巻
歌番号 1605番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持歌一首
原文 高圓之 野邊乃秋芽子 此日之 暁露尓 開兼可聞
訓読 高円の野辺の秋萩このころの暁露に咲きにけむかも
かな たかまとの のへのあきはぎ このころの あかときつゆに さきにけむかも
英語(ローマ字) TAKAMATONO NOHENOAKIHAGI KONOKORONO AKATOKITSUYUNI SAKINIKEMUKAMO
高円山の野辺の秋萩はここ数日の露を受けて咲いたであろうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:大伴家持、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました