万葉集 第8巻 1464番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1464番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1464番歌

第8巻
歌番号 1464番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴家持贈坂上大嬢歌一首
原文 春霞 軽引山乃 隔者 妹尓不相而 月曽經去来
訓読 春霞たなびく山のへなれれば妹に逢はずて月ぞ経にける
かな はるかすみ たなびくやまの へなれれば いもにあはずて つきぞへにける
英語(ローマ字) HARUKASUMI TANABIKUYAMANO HENAREREBA IMONIAHAZUTE TSUKIZOHENIKERU
霍公鳥(ホトトギス)そんなにひどく鳴かないでおくれ。その鳴き声を玉にして通す、端午の節句を迎えるまでは。
左注 右従久邇京贈寧樂宅
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、贈答、恋情
タイトルとURLをコピーしました