万葉集 第8巻 1636番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1636番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1636番歌

第8巻
歌番号 1636番歌
作者 舎人娘子
題詞 舎人娘子雪歌一首
原文 大口能 真神之原尓 零雪者 甚莫零 家母不有國
訓読 大口の真神の原に降る雪はいたくな降りそ家もあらなくに
かな おほくちの まかみのはらに ふるゆきは いたくなふりそ いへもあらなくに
英語(ローマ字) OHOKUCHINO MAKAMINOHARANI FURUYUKIHA ITAKUNAFURISO IHEMOARANAKUNI
真神の原に降っている雪よ。そんなに猛烈に降らないようにしてほしい。ここに家はないのです。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬雑歌、作者:舎人娘子、飛鳥、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました