万葉集 第8巻 1584番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1584番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1584番歌

第8巻
歌番号 1584番歌
作者 作者不詳(長娘)
題詞 (橘朝臣奈良麻呂結集宴歌十一首)
原文 <希>将見跡 吾念君者 秋山<乃> 始<黄>葉尓 似許曽有家礼
訓読 めづらしと我が思ふ君は秋山の初黄葉に似てこそありけれ
かな めづらしと あがおもふきみは あきやまの はつもみちばに にてこそありけれ
英語(ローマ字) MEDURASHITO AGAOMOFUKIMIHA AKIYAMANO HATSUMOMICHIBANI NITEKOSOARIKERE
特別な(すなわちお慕い申し上げている)あなた様は秋の山に初めて色づいた黄葉のように美しゅうございます。
左注 右一首長忌寸娘( / 以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也)
校異 布 希 [万葉集略解] / <> 乃 [類][紀][温][矢] / <> 黄 [西(右書)][類][紀][細]
用語 秋雑歌、作者:長娘、橘奈良麻呂、宴席、天平10年10月17日、年紀、主人讃美、植物
タイトルとURLをコピーしました