万葉集 第8巻 1631番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1631番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1631番歌

第8巻
歌番号 1631番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持贈安倍女郎歌一首
原文 今造 久邇能京尓 秋夜乃 長尓獨 宿之苦左
訓読 今造る久迩の都に秋の夜の長きにひとり寝るが苦しさ
かな いまつくる くにのみやこに あきのよの ながきにひとり ぬるがくるしさ
英語(ローマ字) IMATSUKURU KUNINOMIYAKONI AKINOYONO NAGAKINIHITORI NURUGAKURUSHISA
今造っている久迩の都にいると、秋の夜長にひとり寝ているのはつらい。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋相聞、作者:大伴家持、安倍女郎、贈答、久邇京、恋情、京都
タイトルとURLをコピーしました