万葉集 第8巻 1614番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1614番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1614番歌

第8巻
歌番号1614番歌
作者桜井王
題詞遠江守櫻井王奉天皇歌一首
原文九月之 其始鴈乃 使尓毛 念心者 <所>聞来奴鴨
訓読九月のその初雁の使にも思ふ心は聞こえ来ぬかも
かなながつきの そのはつかりの つかひにも おもふこころは きこえこぬかも
英語(ローマ字)NAGATSUKINO SONOHATSUKARINO TSUKAHINIMO OMOFUKOKOROHA KIKOEKONUKAMO
九月(ながつき)の雁の使いではありませんが、お慕い申し上げているこの私の心が届けられることがあるとよろしいのですが。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 可 所 [代匠記初稿本]
用語秋相聞、作者:桜井王、聖武天皇、大夫、動物
タイトルとURLをコピーしました