万葉集 第8巻 1613番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1613番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1613番歌

第8巻
歌番号 1613番歌
作者 賀茂女王
題詞 賀茂女王歌一首 [長屋王之女母曰阿倍朝臣也]
原文 秋野乎 旦徃鹿乃 跡毛奈久 念之君尓 相有今夜香
訓読 秋の野を朝行く鹿の跡もなく思ひし君に逢へる今夜か
かな あきののを あさゆくしかの あともなく おもひしきみに あへるこよひか
英語(ローマ字) AKINONOWO ASAYUKUSHIKANO ATOMONAKU OMOHISHIKIMINI AHERUKOYOHIKA
秋の野を朝歩いていった鹿の行方が分からないように、どこに出かけておられるか分からないあの方に今宵こそ逢えますわ。
左注 右歌或云椋橋部女王作 或云笠縫女王作
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋相聞、作者:賀茂女王、長屋王、阿倍朝臣、異伝、椋橋部女王、笠縫女王、動物
タイトルとURLをコピーしました