万葉集 第8巻 1514番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1514番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1514番歌

第8巻
歌番号 1514番歌
作者 穂積皇子
題詞 (穂積皇子御歌二首)
原文 秋芽者 可咲有良之 吾屋戸之 淺茅之花乃 散去見者
訓読 秋萩は咲くべくあらし我がやどの浅茅が花の散りゆく見れば
かな あきはぎは さくべくあらし わがやどの あさぢがはなの ちりゆくみれば
英語(ローマ字) AKIHAGIHA SAKUBEKUARASHI WAGAYADONO ASADIGAHANANO CHIRIYUKUMIREBA
もう秋の萩が咲いてもおかしくない時節がやってきたようだ。我が家の庭の浅茅の花が散りつつあるところを見ると。
左注
校異
用語 秋雑歌、作者:穂積皇子、植物
タイトルとURLをコピーしました