万葉集 第8巻 1496番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1496番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1496番歌

第8巻
歌番号1496番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持石竹花歌一首
原文吾屋前之 瞿麥乃花 盛有 手折而一目 令見兒毛我母
訓読我が宿のなでしこの花盛りなり手折りて一目見せむ子もがも
かなわがやどの なでしこのはな さかりなり たをりてひとめ みせむこもがも
英語(ローマ字)WAGAYADONO NADESHIKONOHANA SAKARINARI TAWORITEHITOME MISEMUKOMOGAMO
筑波嶺に私が行っていたら、ホトギスは山を響かせて鳴いてくれただろうか、そのホトトギスが。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:大伴家持、恋情、植物
タイトルとURLをコピーしました