万葉集 第8巻 1607番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1607番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1607番歌

第8巻
歌番号1607番歌
作者鏡王女
題詞鏡王女作歌一首
原文風乎谷 戀者乏 風乎谷 将来常思待者 何如将嘆
訓読風をだに恋ふるは羨し風をだに来むとし待たば何か嘆かむ
かなかぜをだに こふるはともし かぜをだに こむとしまたば なにかなげかむ
英語(ローマ字)KAZEWODANI KOFURUHATOMOSHI KAZEWODANI KOMUTOSHIMATABA NANIKANAGEKAMU
受けた風にさえ、もしやと反応するお方がおられるとは羨ましい。待つのがどうして嘆かわしいのかしら。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋相聞、作者:鏡王女、天智天皇、恋情
タイトルとURLをコピーしました