万葉集 第8巻 1623番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1623番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1623番歌

第8巻
歌番号 1623番歌
作者 田村大嬢
題詞 (大伴田村大嬢与<妹>坂上大嬢歌二首)
原文 吾屋戸尓 黄變蝦手 毎見 妹乎懸管 不戀日者無
訓読 我が宿にもみつ蝦手見るごとに妹を懸けつつ恋ひぬ日はなし
かな わがやどに もみつかへるて みるごとに いもをかけつつ こひぬひはなし
英語(ローマ字) WAGAYADONI MOMITSUKAHERUTE MIRUGOTONI IMOWOKAKETSUTSU KOHINUHIHANASHI
我が家の庭のカエデ紅葉を見ると気にかかるあなたのことが恋しく思われない日はありません。
左注
校異
用語 秋相聞、作者:田村大嬢、坂上大嬢、贈答、与歌、植物
タイトルとURLをコピーしました