万葉集 第8巻 1539番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1539番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1539番歌

第8巻
歌番号 1539番歌
作者 聖武天皇
題詞 天皇御製歌二首
原文 秋<田>乃 穂田乎鴈之鳴 闇尓 夜之穂杼呂尓毛 鳴渡可聞
訓読 秋の田の穂田を雁がね暗けくに夜のほどろにも鳴き渡るかも
かな あきのたの ほたをかりがね くらけくに よのほどろにも なきわたるかも
英語(ローマ字) AKINOTANO HOTAWOKARIGANE KURAKEKUNI YONOHODORONIMO NAKIWATARUKAMO
実った秋の稲穂を刈り取る、その雁が夜もまだ明け切らぬ朝暗い内から鳴きながら渡っていく。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 日 田 [矢][京]
用語 秋雑歌、作者:聖武天皇、動物、季節、叙景
タイトルとURLをコピーしました