万葉集 第8巻 1619番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1619番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1619番歌

第8巻
歌番号1619番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持至姑坂上郎女竹田庄作歌一首
原文玉桙乃 道者雖遠 愛哉師 妹乎相見尓 出而曽吾来之
訓読玉桙の道は遠けどはしきやし妹を相見に出でてぞ我が来し
かなたまほこの みちはとほけど はしきやし いもをあひみに いでてぞわがこし
英語(ローマ字)TAMAHOKONO MICHIHATOHOKEDO HASHIKIYASHI IMOWOAHIMINI IDETEZOWAGAKOSHI
遠いみちのりでしたが、なつかしい叔母上にお目にかかりたくて出かけてまいりました。
左注(右二首天平十一年己卯秋八月作)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋相聞、作者:大伴家持、坂上郎女、奈良、桜井市、天平11年8月、年紀、枕詞
タイトルとURLをコピーしました