万葉集 第8巻 1639番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1639番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1639番歌

第8巻
歌番号 1639番歌
作者 大伴旅人
題詞 <大>宰帥大伴卿冬日見雪憶京歌一首
原文 沫雪 保杼呂保杼呂尓 零敷者 平城京師 所念可聞
訓読 沫雪のほどろほどろに降りしけば奈良の都し思ほゆるかも
かな あわゆきの ほどろほどろに ふりしけば ならのみやこし おもほゆるかも
英語(ローマ字) AWAYUKINO HODOROHODORONI FURISHIKEBA NARANOMIYAKOSHI OMOHOYURUKAMO
淡雪がはらはらと降って地面に白く降り敷くのを見ていると、奈良の都がしのばれる。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 太 大 [類][紀][細] / 保杼呂 [類](塙) 々々々
用語 冬雑歌、作者:大伴旅人、望郷、太宰府、福岡県、地名
タイトルとURLをコピーしました