万葉集 第8巻 1645番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1645番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1645番歌

第8巻
歌番号 1645番歌
作者 巨勢宿奈麻呂
題詞 巨勢朝臣宿奈麻呂雪歌一首
原文 吾屋前之 冬木乃上尓 零雪乎 梅花香常 打見都流香裳
訓読 我が宿の冬木の上に降る雪を梅の花かとうち見つるかも
かな わがやどの ふゆきのうへに ふるゆきを うめのはなかと うちみつるかも
英語(ローマ字) WAGAYADONO FUYUKINOUHENI FURUYUKIWO UMENOHANAKATO UCHIMITSURUKAMO
我が家の庭に立つ冬の枯れ木に雪が降りかかった。それを白梅が咲いたかと思ってつい見てしまった。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬雑歌、作者:巨勢宿奈麻呂、植物
タイトルとURLをコピーしました