万葉集 第8巻 1599番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1599番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1599番歌

第8巻
歌番号1599番歌
作者大伴家持
題詞(大伴宿祢家持秋歌三首)
原文狭尾<壮>鹿乃 胸別尓可毛 秋芽子乃 散過鶏類 盛可毛行流
訓読さを鹿の胸別けにかも秋萩の散り過ぎにける盛りかも去ぬる
かなさをしかの むなわけにかも あきはぎの ちりすぎにける さかりかもいぬる
英語(ローマ字)SAWOSHIKANO MUNAWAKENIKAMO AKIHAGINO CHIRISUGINIKERU SAKARIKAMOINURU
秋萩が散ってしまっている。これは牡鹿が胸で押し分けて通ったからだろうか。それとも、萩が盛りを過ぎているためだろうか。
左注右天平十五年癸未秋八月見物色作
校異牡 壮 [紀]
用語秋雑歌、作者:大伴家持、天平15年8月、年紀、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました