万葉集 第8巻 1600番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1600番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1600番歌

第8巻
歌番号 1600番歌
作者 石川広成
題詞 内舎人石川朝臣廣成歌二首
原文 妻戀尓 鹿鳴山邊之 秋芽子者 露霜寒 盛須疑由君
訓読 妻恋ひに鹿鳴く山辺の秋萩は露霜寒み盛り過ぎゆく
かな つまごひに かなくやまへの あきはぎは つゆしもさむみ さかりすぎゆく
英語(ローマ字) TSUMAGOHINI KANAKUYAMAHENO AKIHAGIHA TSUYUSHIMOSAMUMI SAKARISUGIYUKU
妻を恋い慕って牡鹿が鳴く山辺の秋萩は露霜の寒さの故で盛りを過ぎて散ってゆく。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:石川広成、植物、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました