万葉集 第8巻 1432番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1432番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1432番歌

第8巻
歌番号1432番歌
作者坂上郎女
題詞大伴坂上郎女柳歌二首
原文吾背兒我 見良牟佐保道乃 青柳乎 手折而谷裳 見<縁>欲得
訓読我が背子が見らむ佐保道の青柳を手折りてだにも見むよしもがも
かなわがせこが みらむさほぢの あをやぎを たをりてだにも みむよしもがも
英語(ローマ字)WAGASEKOGA MIRAMUSAHODINO AWOYAGIWO TAWORITEDANIMO MIMUYOSHIMOGAMO
あの人が通う佐保道の青柳は(春になって)さぞかしきれいでしょうね。たとえ枝の一本でも手折って眺めることができたらなあ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 綵 縁 [代匠記初稿本]
用語春雑歌、作者:坂上郎女、奈良、佐保、望郷、恋情、羈旅、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました