万葉集 第8巻 1431番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1431番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1431番歌

第8巻
歌番号 1431番歌
作者 山部赤人
題詞 山部宿祢赤人歌一首
原文 百濟野乃 芽古枝尓 待春跡 居之鴬 鳴尓鶏鵡鴨
訓読 百済野の萩の古枝に春待つと居りし鴬鳴きにけむかも
かな くだらのの はぎのふるえに はるまつと をりしうぐひす なきにけむかも
英語(ローマ字) KUDARANONO HAGINOFURUENI HARUMATSUTO WORISHIUGUHISU NAKINIKEMUKAMO
百済野を訪ねたら、萩の古枝に春を待っていたかのようにウグイスがもう鳴き始めたようだ。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 春雑歌、作者:山部赤人、奈良県、広陵町、地名、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました