万葉集 第8巻 1489番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1489番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1489番歌

第8巻
歌番号1489番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持惜橘花歌一首
原文吾屋前之 花橘者 落過而 珠尓可貫 實尓成二家利
訓読我が宿の花橘は散り過ぎて玉に貫くべく実になりにけり
かなわがやどの はなたちばなは ちりすぎて たまにぬくべく みになりにけり
英語(ローマ字)WAGAYADONO HANATACHIBANAHA CHIRISUGITE TAMANINUKUBEKU MININARINIKERI
ホトトギスの来訪を待ちわびているが、やって来て鳴かない。橘と一緒に飾る菖蒲草の季節がまだ先のことだからであろうか。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:大伴家持、植物
タイトルとURLをコピーしました