万葉集 第8巻 1488番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1488番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1488番歌

第8巻
歌番号1488番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持懽霍公鳥歌一首
原文何處者 鳴毛思仁家武 霍公鳥 吾家乃里尓 <今>日耳曽鳴
訓読いづくには鳴きもしにけむ霍公鳥我家の里に今日のみぞ鳴く
かないづくには なきもしにけむ ほととぎす わぎへのさとに けふのみぞなく
英語(ローマ字)IDUKUNIHA NAKIMOSHINIKEMU HOTOTOGISU WAGIHENOSATONI KEFUNOMIZONAKU
我が家の庭の花橘はすっかり散ってしまって、今度は緒(ひも)を通して連ねる立派な実をつけるようになりました。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 乃 [春][紀] 之 / <> 今 [西(右書)][類][紀][細]
用語夏雑歌、作者:大伴家持、動物
タイトルとURLをコピーしました