万葉集 第8巻 1440番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1440番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1440番歌

第8巻
歌番号1440番歌
作者河辺東人
題詞河邊朝臣東人歌一首
原文春雨乃 敷布零尓 高圓 山能櫻者 何如有良武
訓読春雨のしくしく降るに高円の山の桜はいかにかあるらむ
かなはるさめの しくしくふるに たかまとの やまのさくらは いかにかあるらむ
英語(ローマ字)HARUSAMENO SHIKUSHIKUFURUNI TAKAMATONO YAMANOSAKURAHA IKANIKAARURAMU
春雨がしくしく降っているけれど、高円山の桜はどんな様子なんだろう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語春雑歌、作者:河辺東人、高円山、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました