万葉集 第8巻 1439番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1439番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1439番歌

第8巻
歌番号 1439番歌
作者 中臣武良自
題詞 中臣朝臣武良自歌一首
原文 時者今者 春尓成跡 三雪零 遠山邊尓 霞多奈婢久
訓読 時は今は春になりぬとみ雪降る遠山の辺に霞たなびく
かな ときはいまは はるになりぬと みゆきふる とほやまのへに かすみたなびく
英語(ローマ字) TOKIHAIMAHA HARUNINARINUTO MIYUKIFURU TOHOYAMANOHENI KASUMITANABIKU
今まさに春がやってきたんだなあ。いまだ雪が降っているあの遠山のあたりにも霞がたなびいている。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春雑歌、作者:中臣武良自、季節
タイトルとURLをコピーしました