万葉集 第8巻 1435番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1435番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1435番歌

第8巻
歌番号 1435番歌
作者 厚見王
題詞 厚見王歌一首
原文 河津鳴 甘南備河尓 陰所見<而> 今香開良武 山振乃花
訓読 かはづ鳴く神奈備川に影見えて今か咲くらむ山吹の花
かな かはづなく かむなびかはに かげみえて いまかさくらむ やまぶきのはな
英語(ローマ字) KAHADUNAKU KAMUNABIKAHANI KAGEMIETE IMAKASAKURAMU YAMABUKINOHANA
河鹿鳴く神奈備川に影を映して今頃咲いているだろうか、山吹の花。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 而 [類][紀]
用語 春雑歌、作者:厚見王、飛鳥川、竜田川、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました