万葉集 第8巻 1434番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1434番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1434番歌

第8巻
歌番号 1434番歌
作者 大伴三林
題詞 大伴宿祢三林梅歌一首
原文 霜雪毛 未過者 不思尓 春日里尓 梅花見都
訓読 霜雪もいまだ過ぎねば思はぬに春日の里に梅の花見つ
かな しもゆきも いまだすぎねば おもはぬに かすがのさとに うめのはなみつ
英語(ローマ字) SHIMOYUKIMO IMADASUGINEBA OMOHANUNI KASUGANOSATONI UMENOHANAMITSU
霜も雪もまだ消えやらぬのに、思いがけず春日の里で梅を見かけた。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春雑歌、作者:大伴三林、奈良、春日、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました