万葉集 第8巻 1433番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1433番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1433番歌

第8巻
歌番号 1433番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女柳歌二首)
原文 打上 佐保能河原之 青柳者 今者春部登 成尓鶏類鴨
訓読 うち上る佐保の川原の青柳は今は春へとなりにけるかも
かな うちのぼる さほのかはらの あをやぎは いまははるへと なりにけるかも
英語(ローマ字) UCHINOBORU SAHONOKAHARANO AWOYAGIHA IMAHAHARUHETO NARINIKERUKAMO
佐保川の両岸にうちのぼるように立ち並ぶ美しい青柳を見ると、ああ春がやってきたんだなあと実感される。
左注
校異
用語 春雑歌、作者:坂上郎女、奈良、佐保、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました